笑顔

大切な歯の治療

歯科

予防歯科は大切

予防歯科は、近年歯のトラブルを防ぐ上で川崎区の歯医者で人気が高まっています。そもそも予防歯科とは事前に虫歯や歯周病になるのを阻止する治療のことです。多くの方は、虫歯になっても歯を削って詰め物を入れれば治ると思い違いをしています。実は、虫歯治療をすると詰め物と歯の間に小さな隙間が生じます。その結果、その隙間から虫歯菌が侵入して虫歯が再発しやすくなってしまいます。再発した虫歯を再び治療すると、さらに歯を大きく削ることになります。そのため、年月の経過とともに歯が脆くなって、抜歯せざるを得ない状態になります。一度歯を悪くすると治療費や歯医者に通う手間が大きな負担となります。したがってきちんと川崎区の歯医者で予防歯科を受けることが大事です。

治療の一般的な方法

予防治療として基本的に川崎区の歯医者ではクリーニングを行っています。歯と歯の隙間、歯周ポケットなどは普通の歯磨きでは汚れが落ちにくい箇所です。クリーニングでは専用の機械を使って丁寧に歯を磨いていきます。そのため、虫歯を引き起こす雑菌や汚れをすべて除去できます。歯の色も綺麗になり汚れもつきにくくなります。また、フッ素を塗布する治療も予防治療として取り入れられています。元来、フッ素には虫歯菌の出す酸で溶け始めた歯を修復する作用があります。それと、フッ素には細菌を抑制する作用も有ります。よって三ヶ月に一度、川崎区の歯医者で治療を受ける事で虫歯になるリスクが減ります。どの治療もそれほど費用が高いものではないので気軽に受けられます。